headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症は放置して良いもの?

飛蚊症は放置して良いもの?

個人差の大きい飛蚊症
飛蚊症(ひぶんしょう)というのは、その名称からも想像がつくかもしれませんが、目の前を蚊のような黒い浮遊物が見えてしまう症状のことです。

もちろん蚊のようなものというのは、比喩でありますから人によってはゴミのようなものとか、糸くずみたいに見えてしまう方もいらっしゃるでしょう。


飛蚊症は症状の程度、例えば目に映る浮遊物の大きさであるとか、数などにも個人差があります。さらに言えば、同じ程度であっても症状の受け止め方にも大きな個人差があります。

飛蚊症の症状が全然気にならない人から、それこそ日常生活にまで影響が出てしまう方まで様々なわけであります。


放置すると危険な場合もあります
そんな飛蚊症ですが、生まれた時からその症状をもっているケースもありますし、加齢からくる場合もあります。このように先天性のものや老化が原因の飛蚊症は、本来はあまり心配する必要のないものなんですね。

ただ、そうは言いましても、目に黒い浮遊物が映っていたら、鬱陶しいことだとは思います。管理人である私も飛蚊症ですから、その鬱陶しさはよく分かります。


先天性や老化が原因の飛蚊症は、必ず治療をしなければいけないというものではありません。

ただ、何もしないで放置するということも好ましいこととは言えません。なぜなら、先天性の飛蚊症だけならともかく老化が原因の飛蚊症と思っていたら、別の病気に原因があったというケースも考えられます。

したがいまして、今まで飛蚊症でなかった人に症状が現れたり、浮遊物の量が増えたりした場合は病院に行って検査をしてもらいましょう。


※こちらに続きます。
>>>飛蚊症は放置せずに検査を受けましょう

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト