headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> それでも飛蚊症の手術を希望しますか?

それでも飛蚊症の手術を希望しますか?

※「飛蚊症の手術の現実」からの続きです。

濁りを分散させるレーザー手術
飛蚊症のレーザー手術というのは、レーザーを使って浮遊物のように見える影の原因となっている硝子体の中にあるシワや濁りを分散させるという方法になります。

レーザー手術は、影となっている濁りを取り除くわけではなく、分散させるだけですから濁りそのものが無くなるわけではありません

また、硝子体の濁りを取り除く手術もありますが、飛蚊症の手術には失明の危険がある網膜剥離をなどの合併症を引き起こす可能性もあります。そしてこれだけのリスクを抱えながら行った手術の結果、その満足度が高いとは言えないのが現実なんですね。


飛蚊症と付き合いながら生活する選択肢
上記のようなことから、手術という方法を選択をしないで飛蚊症となんとか付き合っていくという方のほうが圧倒的に多いわけなんですね

それでも尚且つ、手術を行わなければならない人というのは、その症状が日常生活にまで影響が及んでしまう場合です。

目に映る黒い影が消えないとか、とても大きく見えてしまって視界を確保することができないということであれば、普通に日常生活を営むこともできなくなってしまいますので、そのようなケースでは手術を受けるしか方法がないということになります。


それでもなお、手術で飛蚊症が完全に解消するわけではありません。そして手術をしても浮遊物がなくなるという保証があるわけではありません。満足度自体も低いというのが現実のようでもあります。

もしどうしても手術を希望するようであれば、実際に手術を受けた方の満足度が低いということを認識した上で決断するようにしていただきたいと思います。

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト