headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の手術の現実

飛蚊症の手術の現実

飛蚊症の症状が酷かったりすると
飛蚊症の症状が酷かったりすると、手術でこの黒い浮遊物を取り去ることができないのだろうか?ということを考えてしまうこともあるでしょう。

今現在、レーザー治療ではなく飛蚊症の除去手術を実施してくれるクリニックが存在するのかどうか分かりません。


以前は、実際に手術を手がけたことのある医師のお話によりますと、多くの眼科で受診をしても「問題ない」とか「気にしすぎ」などと言われながらも悩みぬいた末に、その医師のいる病院にたどりつき、患者さんの強い希望で飛蚊症の除去手術を実施するケースが何件もあったそうです。

しかし、実際に飛蚊症の手術を受けた方のコメントは「手術前よりも減ったけど、まだ黒い影が見える」という満足度の低いコメントの方が多いようなんですね


満足度の低い飛蚊症手術の結果
飛蚊症の手術というのは、失明の危険がある網膜剥離などの合併症を引き起こすリスクを伴います。

それだけのリスクを背負って臨んだ手術の結果が、低い満足度ということになりますので、飛蚊症の手術を推奨する専門医が少ないというのが現実であります

日本では、まだまだ飛蚊症の除去を目的とした硝子体手術というのは、リスクは高過ぎるという考え方が基本となっているようです。


一般的にも飛蚊症は、目の病気として見た時、よくありがちなことと言っても過言ではありません。そして手術以外には有効な治療方法がないということもまた現実であります。

仮に飛蚊症の症状が現れたとしても、時間の経過とともに治まってしまうケースもありますし、そういう環境に目が慣れてしまって気にならなくなったという人の方が多いのです。


※こちらに続きます。
>>>それでも飛蚊症の手術を希望しますか?

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト