headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の三つの治療方法

飛蚊症の三つの治療方法

気にし始めるとエスカレートしそうで
飛蚊症(ひぶんしょう)とは、文字通り目の前を蚊のような黒い浮遊物が飛んで見える症状のことですが、その症状の感じ方には大きな個人差がありまして、目に前に映るフワフワとした飛翔物体に我慢のならない方もいらっしゃいます。

その一方で、あまり気にしない人たちも存在しています。実はかくいう管理人の私にも飛蚊症の症状を中学生の頃から自覚するようになりましたが、あまり気にしない方です。

と言いますか、極力意識しないようにしています。一度気にし始めるとエスカレートしそうで怖いということも自覚しています。


急に増えたら要注意
もちろん飛蚊症(ひぶんしょう)原因が網膜剥離のような、大変危険な病気が原因の場合もありますから、このようなケースでは早急に治療を始める必要があります。

それに対して、生まれつた時から持ちあわせてしまったような生理的な要因からくる飛蚊症(ひぶんしょう)ということであれば、それほど気にする必要はありません。

ただ、急に浮遊物が増えたりした場合は、何かしらの異変が起きている可能性がありますから、眼科に行って診察してもらう必要があります

私の場合は自覚したのは中学生の時ですが、実際は生まれた時からのものだったと認識しております。


そんな飛蚊症なのですが、生理的飛蚊症を含めて治療方法には大きく三つに大別することができます。

【飛蚊症(ひぶんしょう)の治療方法】
(1)手術
(2)レーザー治療
(3)栄養の補給


以上のような方法になります。上記の飛蚊症(ひぶんしょう)の治療方法について、次のページで個々にご説明してまいりたいと思います。


※こちらに続きます。
>>>飛蚊症の具体的な治療方法

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト