headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 老化と病気が原因の飛蚊症

老化と病気が原因の飛蚊症

※「飛蚊症の三つの原因」からの続きです。

(2)老化が原因の飛蚊症
飛蚊症というのは、老化によって症状が現れる場合があります。老化は色々な病気の原因になりますが、飛蚊症もまた例外ではないんですね。

人間の眼球は透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)と呼ばれる物質で満たされておりまして、その後ろにカメラでいうところのフィルムの役割を果たしている網膜に繋がっています。


ところが年を取ると硝子体が萎縮してしまうんですね。そうすると硝子体と網膜が離れて、その部分が黒い浮遊物のように見えるようになるわけです。

老化からくる飛蚊症は、やはり気になるのは目に映る浮遊物の大きさです。このようなケースでは多くの場合、時間の経過とともに少しずつ小さくなって気にならなくなることが多いようです。


(3)何らかの病気からくる飛蚊症
飛蚊症は何らかの病気によって引き起こされることもあります。仮に飛蚊症の症状は軽いものであったとしてもその原因となっている病気自体が厄介な場合もあるのです。

病気からくる飛蚊症を症状が軽いからといって放置していたりしますと、かなり危険な状態になりかねないのでご注意いただきたいと思います。


例えば眼の疾患の一つで失明の危険もある網膜剥離という病気がありますし、また、眼底出血やぶどう膜炎というケースも考えられます

繰り返しになりますが、網膜剥離という目の病気は放置すると失明の可能性が高くなってしまいます。

今まで自覚できなかった飛蚊症の症状に異変を感じるようであれば眼科に行って診察してもらいましょう。

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト