headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> スマホの影響で増加傾向にある飛蚊症

スマホの影響で増加傾向にある飛蚊症

「本当は怖い家庭の医学」でも取り上げた飛蚊症
もうとっくに放送は終了しましたが、その昔「たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組がありました。

その番組では実に色々な病気を取り上げて、ちょっと怖い雰囲気で番組は進行されていたのをよく覚えています。

そもそも副題がメディカル・ホラー・エンタテイメント番組と謳っていましたからね。

この「たけしの本当は怖い家庭の医学」で取り上げられた病気の一つに飛蚊症(ひぶんしょう)があったのです。この番組のお陰で飛蚊症(ひぶんしょう)という病気のことを知ることとなった方はたくさんいるのではないでしょうか?


「本当は怖い家庭の医学」でも取り上げた飛蚊症
飛蚊症には年齢などからくる生理的飛蚊症と病気からくる飛蚊症がありますが、「たけしの本当は怖い家庭の医学」で取り上げていたケースは網膜剥離が原因の飛蚊症でした。

網膜剥離が原因の飛蚊症というのは失明の危険がありますのでたけしの番組ではありませんが、本当に怖い目の疾患なのです。

生理的飛蚊症の場合は、硝子体を手術することで目に映る浮遊物のような影を消すことができるとも言われていますが、実際に飛蚊症の症状を抱えたまま日々の暮らしを営んでいる方がたくさんいらっしゃいます。


最近はスマートホンの急激な普及に伴いスマホ中毒などの言葉が生まれるような時代になりまして、実は生理的飛蚊症になる若い人が増加傾向にあります

要するにスマホ中毒と言われるくらいですから、スマートホンのやり過ぎなんですね。20歳代のうちから生理的飛蚊症になるというのはやはり尋常な事態ではないと思うんですよね。


※こちらに続きます。
>>>飛蚊症で目に映るものは?

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト