headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 若い人にも増えている飛蚊症

若い人にも増えている飛蚊症

飛蚊症を意識したのは何歳の時ですか?
飛蚊症でお悩みの方って何歳くらいから意識し始めたんでしょうか?

ある方の場合、小さい頃から空中を透明な泡みたいな小さい粒とか糸くずのようなものが浮いて見えたと言います。


小さい頃からというのは、物心ついたころからということになりますか。実は私も飛蚊症なのですが、記憶を遡ると中学生の頃から意識し始めました。

飛蚊症は一度意識すると、ますます気になってしまう側面があると思います

気にしなければそれですんでしまうこともありました。今も極力気にしないようにしています。

ただそれも症状が軽いからそれで済んでいるのでしょう。


若い人にも増加傾向の飛蚊症
最近は、スマートホンやパソコンの影響で目を酷使する若い方が増えておりますので、飛蚊症に悩む方もまた増加傾向にあります

症状の酷い方、あるいは飛蚊症の浮遊物が増えたりしたらやはり眼科で診察してもらったほうが良いですよね。


飛蚊症は未だ未解明な部分があるわけですが、症状に変化が現れたり目に映る影の量が増えたら眼科に行って検査をしてもらうべきだと思います。

飛蚊症の検査は眼科に行って眼底検査をしてもらえば調べることができます。ちなみにこの検査は目薬で瞳孔を開いて検査することになりますので、薬が効いている間は光に対する調節機能がマヒ状態にあります。

【関連記事】
>>飛蚊症の検査方法<<

ということは車を運転して眼科に行くことはできないということですね。


もし生理的飛蚊症であれば気にはなっても心配する必要はないわけですが、中には深刻な病気からくる飛蚊症の場合もあります。

例えば失明の危険がある網膜剥離の原因にもなってしまう硝子体剥離などからくる飛蚊症というケースもあります。

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト