headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 具体的な精密眼底検査の内容

具体的な精密眼底検査の内容

※「病的飛蚊症の精密眼底検査」からの続きです。

散瞳眼底検査
飛蚊症には生理的飛蚊症と病的飛蚊症があるわけですが、これらを見極めるためには眼科で検査を受ける必要があります。

眼科で実際に行われる検査としては、視力検査、視野検査、そして精密眼底検査ということになります。


目の眼底の細部までしっかりと見極めるために精密眼底検査が行われるわけでありますが、多くの場合「散瞳眼底検査(さんどうけんさ)」と呼ばれる方法で実施されることになります。

散瞳眼底検査というのは、眼球の内部が良く調べることができるように目薬を使って瞳孔を一時的に開いてから行われることになります。

そして網膜に孔や裂け目がないかのチェックが実施されるわけであります。


健康診断では確認できない
会社などが毎年行っている健康診断でも目の検査が実施されますが、瞳孔を開くわけではありませんので網膜の周辺は見ることができません。

ということは一般的に行われる健康診断では、初期の網膜剥離を発見することができないわけであります。

実際に行われる散瞳眼底検査の流れとしましては、専用の目薬を点眼してから瞳孔が開くまで30分ほど待機します。


そして実際に瞳孔が開きますと、焦点を合わせることができなくなりますし光に対して眩しく感じます。

それから眼球に光を当てて内部の状態を細かくチェックすることになります。眩しさはありますが、痛みを伴うことはありません。

散瞳眼底検査が終了しても、目薬の影響で瞳孔が元の状態に戻るまで3〜4時間かかります。そのために、病院には車で行かないようにしましょう。

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト