headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 網膜剥離の前兆となる飛蚊症

網膜剥離の前兆となる飛蚊症

失明の恐れのある網膜剥離
飛蚊症の原因には、老化やストレス、それから疲れなどがあります。

しかし他の病気の前兆として飛蚊症の症状が現れることもあるわけです。

その病気の中には、失明の危険が潜んでいる「網膜剥離」もあります。ということで今回は、この網膜剥離について取り上げてみたいと思います。


日本という国は世界的に見ましても大変近視の人が多いわけでありますが、その割合はなんと日本人の約50%が近視であるとも言われているわけであります。

日本人には、メガネをかけた人やコンタクトを利用する人がたくさんいますからね。


若年層に見られる裂孔原性網膜剥離
近視という症状は、その視力の低下とともに眼軸が伸びることになります。ということは、近視の度合いが強くなるほど眼軸が長く伸びてしまいます。そうすると網膜も伸びて広がり、部分的に薄くなってしまうことがあるわけです。

このような形で、薄くなっているところにさらに伸び広がる力が加わりますと、網膜裂孔(もうまくれっこう)や網膜円孔(もうまくえんこう)という亀裂や穴ができてしまいます。


このような症状から網膜剥離を発症するケースがありまして、このことを裂孔原性網膜剥離と言うわけであります。裂孔原性網膜剥離は、成長期にあって近視が進みやすい若年層に見受けられる症状です。

これは視力の低下とともに眼軸が伸びることによって引き起こされるわけですから、その理屈から言いましても、正視の人よりも近視の強い人の方が「網膜剥離」になる確率が高くなるはずですが、やはりと言いますかそれは統計的にも裏付けされております。


※こちらに続きます。
>>>網膜剥離の原因〜近視と老化〜

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト