headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症と散瞳検査

飛蚊症と散瞳検査

散瞳検査は車の運転はNG
飛蚊症の原因には色々なケースがります。

そんな中でも、硝子体出血や網膜剥離などに起因する飛蚊症はすぐにでも病院で治療を始める必要があるでしょう。


ところで飛蚊症の診断を下す前段階では、一体どのような検査が行われるのでしょうか?

それは検眼鏡を用いて網膜の状況を確認する眼底検査が非常に大切な検査になります。


飛蚊症の方の中には、あまり自覚症状のない人や、あったとしてもそれほど気にならない方もいらっしゃいます。

でも、もし見えている浮遊物の数が増えたしまったり、今までとは感じが違っているようであれば、やはり病院で診てもらった方が良いでしょう。

ただし、外来で病院に行く際はマイカーは控えましょう。病院で散瞳検査をすることも考えられますので、そのような場合は車の運転は危険です


瞳孔を広げて行われる
散瞳検査を実施すると、焦点が合わせ辛くなったり、普段眩しさなど感じないような光でも眩しさを感じることがあります

少しの時間、我慢が必要となるでしょう。それは個人差もありますが、大体のところ検査後およそ3〜4時間程と考えておいてください。


飛蚊症には、生理的なものと病気からきているものがありまして、その判断は目の精密検査を病院で実施してもらわないと明らかになりません。

そのような検査は、瞳孔を広げて行われることになります。その上で、網膜の裂け目などの有無をチェックします。


そもそも飛蚊症は、硝子体と眼球の中にある本来は透明な組織に濁りが発生してしまい、それが網膜に映ることで糸くずと言いますか、ゴミみたいな物が浮かんでいるように見えてしまうわけです。

飛蚊症の見え方というのも、人のよって相当な違いがあるものです。


【関連記事】
飛蚊症の検査を受けましょう
飛蚊症の検査方法

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト