headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の手術と成功の確率

飛蚊症の手術と成功の確率

硝子体が濁る飛蚊症
飛蚊症と言いますと、その名称の通りにまるで目の前を蚊が飛んでいるかのごとく、糸くずとか点のような黒い影が見えてしまうわけですが、このような症状の主な原因は硝子体にあります。

ちなみに硝子体は「しょうしたいと読みますが、ガラス体と呼ぶ場合もあります。


柔軟性を持っていて、外からの衝撃や圧力を分散させてくれる硝子体は、組織がゼリー状になっておりまして膜に包まれています。

この硝子体に濁りができてしまって現れる飛蚊症は、この硝子体を除去してしまえば目の中に浮かんでいる浮遊物は消えてハッキリと見えるようになるでしょう。

それは、視界の邪魔をしている濁りが取り除かれるわけですからね。

このような治療方法は硝子体手術と言われておりまして、飛蚊症の治療には効果があると広く認められています。


手術が成功する確率は?
硝子体手術は、現れている症状が飛蚊症だけで、剥離や出血といった他の症状が無いケースにおいて、手術が成功する確率は大体90%くらいで視力も影響を受けないとされております。

それでは硝子体の手術には問題が存在しないのでしょうか?どうも実態はそうではないようでありまして、リスクがやはりあるんですね。


実際に手術を受けた多くの方は、「前よりも減ったように感じるけど完全には消えていない」というくらいの感覚で、全然納得していないようなケースもあります。

また、「手術をしたのに再発した」というような苦情が寄せられることもあるのが現実のようです。


※こちらに続きます。
>>>飛蚊症の手術〜リスクと後遺症〜

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト