headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の改善方法

飛蚊症の改善方法

治療の必要のない生理的飛蚊症
飛蚊症(ひぶんしょう))を発症する要因の多くは、老化やストレスと考えられております。

硝子体(しょうしたい)を切除する外科手術を施せば、消えるとも言われているのではありますが色々と問題点も指摘されていますよね。

この飛蚊症の外科手術につきましては、後で触れてみたいと思います。


ゴミや糸くずのようにも見える浮遊物が、目に映ってちらつく飛蚊症。その目に映るゴミのようなものは、自分でコントロールできるものではありませんので、出来ることと言えば自然の流れに身を任せて消滅してくれるのを待つのみなのです。

老化やストレスのような生理的現象によって引き起こされる飛蚊症は、失明の危険性や視力が低下してしまうという問題もありませんから、特別に治療を施すことも必要ないでしょう。


食事療法で眼の機能回復を
あんまり細かいことを気にして、神経質にならない方が良いと思います。飛蚊症は、気にし始めるとどんどんのめりこんで心配ごとが増幅しかねません。

それでも、どうしても気になって仕方がないということであれば、治療というわけではありませんが、食事療法で眼の機能回復を考えてもいいかもしれません。


前述しましたように、飛蚊症の原因には老化があります。このような老化が進行するということは、どういうことかと言いますと、体の中の抗酸化物質が減少するということなのです。

体内の抗酸化物質が減少しますと、やはり眼にも影響がありまして機能が衰えてしまいます。このような事態を防止する、あるいは回復させるためには抗酸化を促進してくれる栄養素を意識して摂るようにすると良いでしょう。


※こちらに続きます。
>>>飛蚊症の治療について

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト