headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 老化が原因の後部硝子体剥離

老化が原因の後部硝子体剥離

※「後部硝子体剥離と飛蚊症」からの続きです。

硝子体の老化現象
後部硝子体剥離は、年齢を重ねることで硝子体が変質して線維組織が壊れてしまうことから引き起こされる目の疾患です。

ということで後部硝子体剥離は、硝子体の老化現象ということなんですね。

そしてさらに言えば、一部の人に降りかかる可能性のある正常な老化現象ということにもなるのです。


ところでこの後部硝子体剥離なのですが、実は発症しやすいタイプの人がいます。目の形状からきているのでしょうか?

それは近眼の人なんですね。また、その中でも特に女性が多いということです。


重度の疾患という可能性
老化現象というくらいですから、年齢から言えば五十歳以上の人に多かったのですが、近年において、二十歳代の人でも発症する例が増えているそうです。

後部硝子体剥離が原因となる飛蚊症というケースでは、自然治癒といいますか自然に治まるのを待つという方法が一般的です。

ただし、時には網膜剥離などのように急を要する治療が求められる重度の疾患という可能性もありますので、注意が必要です。


ある年齢を過ぎた方が発症する網膜剥離というのは多くの場合、後部硝子体剥離からくるものと言われております。

したがいまして、五十歳を過ぎて飛蚊症の自覚症状があるような時、あるいは目に異変を感じるようであれば、早めに眼科に行って診察してもらった方が良いでしょう。


なにしろ網膜剥離は、視力を失ってしまうことだってありますからね。安易に考えるのはおススメできません。


※関連記事
>>飛蚊症の原因〜後部硝子体剥離〜<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト