headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 後部硝子体剥離と飛蚊症

後部硝子体剥離と飛蚊症

網膜剥離の可能性も
飛蚊症の原因の一つにも数えられる硝子体剥離についてですが、この目の疾患は、ごく稀とはいえ悪化させてしまいますと網膜剥離に陥ってしまう危険性をはらんでいる厄介なものなのです。

それではこの硝子体剥離というのは、具体的にどのような病状になるのかについてご説明してみたいと思います。

ちなみに飛蚊症は、なんども申し上げている通り、目の前を蚊が飛んでいるみたいに糸くずとか点のような黒い影が見えてしまう症状のことです。


硝子体が変質する
後部硝子体剥離になりますと、眼球の期間を構成している組織のひとつで、角膜や水晶体の後部に位置している網膜に包まれた硝子体が変質することで線維組織が壊れてしまうのです。

その結果、硝子体全体が影響を受けて収縮し、次第に硝子体と網膜の間に隙間ができてしまった状態が後部硝子体剥離ということになります。


硝子体が網膜から離れて隙間ができる時というのは、網膜の表面を通っている毛細血管が引っ張られることになります。そうすると、引っ張られた血管が破れて出血します

このようにして流れ出た血液が、影となっても網膜に映り飛蚊症になるわけなのです。


それではなぜ後部硝子体剥離になってしまうのでしょうか?そもそも硝子体というのは、タンパク質であるコラーゲン線維がたくさんの水分を含んだ組織です。

ところがこのコラーゲン線維が、年齢を重ねることにより収縮してしまい、網膜の表面から離れて前の方に位置を変化させてしまうからだと言われております。


※こちらに続きます。
>>>老化が原因の後部硝子体剥離

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト