headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の原因〜硝子体出血〜

飛蚊症の原因〜硝子体出血〜

硝子体は血管の無い透明な組織
飛蚊症の原因には色々なケースが考えられますが、その中の一つに「硝子体出血」があります。

さてこの硝子体出血ですが、どのような状況に陥る疾患だかご存知でしょうか?

もしかしたらこの病名を聞いたことのない人の方が、多いかもしれませんね。


病状の前に、硝子体についてご説明したいと思います。硝子体は、99%が水で残りはコラーゲンでできている半流動体のもので眼球を構成している目の一部となっております。

この硝子体の中に、網膜血管の断裂やブドウ膜から出血した血液が流れ込んでしまった状態を硝子体出血と言います。


本来硝子体というのは、血管の無い透明な組織になっております。硝子体の中に血液が流れ込んでしまいますと、この入ってきた血液によって光が遮られることになります。

そうなりますと網膜に影を映すことになりますので、飛蚊症の症状となって現れることになるわけです。


緑内障や網膜剥離の可能性
この時の具体的な症状としましては、「墨を流したように黒い影が現れた」とか「血液の赤い色が見えた」などと表現されております。

その他にも「赤いものが見えて、そのあとから光を感じる程度の極端な視力の低下が起きた」などの声もあります。


硝子体出血の原因としましては、糖尿病性網膜症や網膜中心静脈閉塞症などがあげられますが、老化からくる場合もあります。

硝子体出血というのは、場合によっては緑内障や網膜剥離を引き起こす可能性もありますので、充分な注意が必要だと思います。


※関連記事
>>飛蚊症の原因〜後部硝子体剥離〜<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト