headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 硝子体の濁りの原因は活性酸素

硝子体の濁りの原因は活性酸素

紫外線で活性酸素が硝子体の中に発生
飛蚊症というのは、硝子体の濁りが網膜に映ってしまい見えてしまうわけです。この硝子体の濁りの生理的な原因は活性酸素です。

今の時代、紫外線対策を心がけている方は多いと思いますが、この紫外線が網膜を通して目に入って来ることで活性酸素が硝子体の中に発生します。

硝子体の中で発生した活性酸素は、タンパク質や脂質を酸化させます。そうすると硝子体の組織が変質してしまい、濁りができて飛蚊症となってしまうわけなんですね。


人間の体も若い時は、活性酸素を分解してくれる酵素が充分に分泌されますので通常は酸化しません。

しかしながら、人も年齢を重ねてまいりますと、活性酸素を分解してくれる酵素の分泌量が減ってしまいます。

そのようなことから、組織の酸化を防ぎきれなくなってしまい、飛蚊症に陥ってしまうわけです。


若者の飛蚊症患者が増加中
最近は、生活習慣の乱れが影響しているのでしょう。若い人たちでも飛蚊症になってしまう人が増えています。

以上のような飛蚊症にならないための一番の対策としましては、活性酸素を生み出す元となる紫外線を極力目に入れないようにすることです。


具体的な対策としましては、外出する時にはUVカットのメガネやサングラスをすることです。

また目の使い過ぎはよくありませんので、テレビやパソコンの画面を見る時間を短縮するという工夫も必要でしょう。


このような対策で、極力体の中に活性酸素が生み出されてしまわないようにしたいものです。

活性酸素は、飛蚊症だけでなく人間の体を老化させますから気をつけましょう。


※関連記事
>>飛蚊症の原因〜活性酸素〜<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト