headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の原因〜活性酸素〜

飛蚊症の原因〜活性酸素〜

硝子体に濁りができている
あなたは明るい場所や白い壁、あるいは青い空などを見つめた時に、目の前に小さな「浮遊物」がフワフワと浮かんでいることに気がついたことがありませんか?

浮遊物が鬱陶しいと、視線を移動させても同じようについてくるように見えますし、例え瞬きをしても目を擦ったとしても消えません。でも暗い場所ではそれほど気になるものではありません。

もしそのような経験をお持ちであるとすれば、あなたも飛蚊症ということになります。


このようにして見える浮遊物の実態というのは、眼球にある硝子体に濁りができてしまったことによるものです

そして硝子体の濁りの影は、明るい場所を見た時に網膜に映ります。そうすると例え眼球を動かしたとしても、一緒についてきてしまいますし、浮遊物のように見えてしまうわけなんですね。


活性酸素が元凶
さて一体どうして硝子体が濁ってしまうのでしょうか?その要因としましては、生理的な場合と病的な場合があります。

これら硝子体の濁りが、生理的な要因となっている元凶は活性酸素です。

活性酸素というのは、紫外線が網膜を通して入って来ると硝子体の中に発生します。このような活性酸素ですが、激しい運動を繰り返したりストレスや疲れが蓄積されると発生しやすくなってしまいます。


余談ではありますが、活性酸素は加齢臭の原因にもなっていると言われているんですよ。ちょっと意外な気もしますよね。

老化の原因でもあります活性酸素は、人間の体を錆つかせると言われておりますので、極力体内に発生させないようにする必要があります。


※関連記事
>>硝子体の濁りの原因は活性酸素<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト