headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の検査を受けましょう

飛蚊症の検査を受けましょう

硝子体に濁りが出来てしまう
目の前を蚊が飛んでいるように見えてしまう飛蚊症(ひぶんしょうと読みます)ですが、これは眼球の器官の一つで水晶体の後ろに位置している内腔をうめる透明なゼリー状の組織である硝子体(しょうしたい)というところに、濁りが出来てしまうことによって引き起こされる症状のことです。

その濁りが、網膜に影となって映ることで点や糸くずみたいな黒い影が浮遊しているように見えてしまうわけです。


このような飛蚊症ですが、疲れやストレスから引き起こされる生理的な飛蚊症は健全な目にも起きる可能性のある症状です。

また、生理的飛蚊症は視力低下や失明という大きな障害に発展する心配はありませんから、あまり気にする必要もないでしょう。


硝子体出血や網膜剥離に要注意
しかしながら、飛蚊症が硝子体出血や網膜剥離などから来ている場合はいけません。このようなケースでは、躊躇なく病院まで足を運んで治療を受ける必要があります。

飛蚊症は、自覚できる症状が少ないというのが実情です。

そのために硝子体出血や網膜剥離などの危険な、病気が原因となっているようなケースであるにも関わらず放置されてしまうこともあります。


そのまま治療も施されないで放っておかれてしまいますと、例えば網膜剥離のような失明の危険性がある病気を悪化させることになります。

これはちょっと問題が大きすぎると思いませんか?

このような事態を避けるためにも、ご自身の目の状態に少しでも違和感を感じた場合は、病院に行って検査してもらうことをおススメします。

自分の目を守るためですからね。


※関連記事
>>飛蚊症の検査方法<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト