headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 飛蚊症の手術に必要な費用

飛蚊症の手術に必要な費用


年齢からくる生理的飛蚊症には治療方法がないと言われております。その一方で、硝子体を除去してしまえば、飛蚊症の原因である硝子体内の混濁も消えます

そんなこともあり、飛蚊症の症状を改善させるために、どうしても手術を望む人もいらっしゃると思います。

ということで今回、もし仮に飛蚊症の手術を受けようと考えた場合、どのくらいの費用が必要となるかについて取り上げてみたいと思います。


手術は3割負担で6万円程度
治療によって発生する費用は病院によっても異なりますが、手術自体で保険が適用された場合、3割負担で6万円程度となります。

ただし、必要となる薬剤が膨大な量となりますし、一般的に入院が必要とされていますので入院費用も発生してしまいます。

それらを全て合計しますと、最低でも20万円から30万円ぐらいは準備する必要があると掛かると考えておいた方がいいかもしれません。


レーザーを使った手術
アメリカでは、レーザーを使った手術の方法もあるそうです。その方法はレーザーで硝子体混濁を細かく砕いてしまい、飛蚊症を目立たなくするというものです。

しかしながら、このレーザーのマシンはまだ開発段階だそうなんですよね。それに加えて、手術を実施するところが日本ではなくアメリカですから、治療を受けに行く場合には、通常コーディネーター業者を通す必要があります。


そうなりますとやはり費用が積み上げられてしまい、手術の費用はコーディネート料込みで50万円から100万円くらい掛かると言われているわけです。

ここまで行きますと中々大きな金額になってしまいますね。


【関連記事】
>>飛蚊症の手術<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト