headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 生理現象が原因の飛蚊症

生理現象が原因の飛蚊症

老化や疲れ、ストレスからくる飛蚊症
飛蚊症の原因には、老化や疲れ、そしてストレスから引き起こされるケースがあります。
このように生理現象が原因で生じる飛蚊症には、治療法などはないと言われております。

医学的にも飛蚊症は、完治しないと言われているということ。ただ海外などでは、飛蚊症除去のための手術が行われているそうなんですけどね。

このように「治療法がない」とか「完治しない」などと言いますと、身も蓋も無くなってしまいますが、生理現象が原因となって飛蚊症の症状が現れている場合は、失明したり視力低下というような危険性がないので特に治療を行わないというのが実情のようです。

ただし、飛蚊症には網膜剥離の可能性がゼロではありませんので、念には念をいれて眼科の診察を受けた方が良いと思います。


老化の進行を遅らせましょう
以上のように、生理現象が原因となって飛蚊症の症状が現れているケースでは、疲れやストレス等の原因となっている要因を取り除く必要があります。

しかしもう一つの生理現象である老化の場合、これはもう人間としての自然現象ということになりますから、誰も避けて通ることはできないわけです。

でも老化を避けることはできませんが、遅らせることはできるかもしれませんよね。

老化というものは進行してまいりますと体が酸化していきますが、抗酸化作用のあるビタミン類を摂取するなどで老化の進行を遅らせることはできるわけです。

ちなみに抗酸化物質には亜鉛、アスタキサンチン、アルファリボ酸、オレイン酸など、たくさんの種類があります。

またビタミンというものは、ビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一気に多くのビタミンを摂取すれば良いというわけではありませんのでご注意ください。


【関連記事】
飛蚊症と活性酸素
飛蚊症の原因〜活性酸素〜
硝子体の濁りの原因は活性酸素

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト