headband

飛蚊症と目薬の効果

HOME >> 硝子体が濁る飛蚊症

硝子体が濁る飛蚊症

透明な硝子体が濁る
飛蚊症というのは糸くずやごみのような浮遊物が見える病気です。本来は硝子体と呼ばれる眼球の器官の一つで、水晶体の後方に位置する内腔をうめる透明なゼリー状の組織に異変が生じることによって引き起こされます。

この透明であるべき硝子体が濁って起こる症状なのです。

ちなみに硝子体は弾力があって、外部からの衝撃や圧力を分散させてくれています。

ただ飛蚊症の方の中には、このような症状を病気だとは思わない人や、また自覚症状の無いひともいるようです。

病気というものは、なって初めて健康のありがたみを知るなんてよく言いますが・・・。


硝子体が濁る要因
ところで飛蚊症の原因である硝子体が濁る要因としては様々なケースがあります。

病的なことが原因で引き起こされる場合は、何らかの病気の兆候ということになるでしょう。

飛蚊症が引き起こされる病気としましては、例えば糖尿病性網膜症網膜裂孔・網膜剥離黄斑変性症ぶどう膜炎などが考えられます。

これらのような病気がきっかけとなって飛蚊症の症状が現れているケースでは、その元凶となっている病気を治すことで飛蚊症の症状も治まってくることになるでしょう。

そもそも病気というものは、予防することで発症や再発を防げることもあるんでしょうけどね。でも先天的な病気だってあるわけですから・・・。

さて飛蚊症の原因としまして、前述のような病気だけではなくて老化疲れ、そしてストレスなどの生理現象が原因となって引き起こされるケースもあります。

このような生理現象が原因となって引き起こされた飛蚊症には、実は治療方法がないそうなんです。


【関連記事】
>>飛蚊症の原因<<

pagetop

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

飛蚊症の検査

飛蚊症の治療

飛蚊症の予防

サプリメント

Copyright(C) 2012 飛蚊症と目薬の効果 All Rights Reserved. FXの取引コスト